img  

WEB素材&デザイン

RDF RSS XML
 

正確な図形の描画

画像 フリーソフトのGIMP 2.6を使った素材の作成方法を解説します。
GIMP以外の画像ソフトでも、これらのテクニックを利用できる場合があります。
GIMPのコンテンツが増えてきたので、基本編と応用編、素材作成編に分けることにしました。

正確な図形描画に便利な機能

GIMPには図形を正確に描画するための機能が様々あります。
その機能は次のようなものです。

  • ルーラー(定規)
  • ポインタの座標
  • サイズを指定して描画
  • ガイドにスナップ
  • グリッドにスナップ
  • 画像の境界にスナップ
  • アクティブなパスにスナップ

スナップとは、それらのラインにマウスを近づけますと、マウスがそのラインに吸い寄せられ、自動的にライン上に吸着して、自然とライン上の座標を指定できるようにした機能です。

上記のうち、よく使いそうなものについて解説します。

ルーラー(定規)とポインタ座標

ルーラー(定規)とは画像ウィンドウの上部、左部に表示される目盛りの事です。
マウスの位置に合わせて「▼」マークが移動します。
画像

また、マウスポインタの位置(座標)は画面ウィンドウの左下に表示されます。
画像

さらにその右横には範囲選択した時、その範囲のサイズなどが表示されます。
画像

これらの表示を確認しながらマウスを動かすことにより、ドット単位、ピクセル単位での正確な描画ができます。

サイズを指定した描画

例えば、「矩形選択」を使ってキャンバス上を範囲選択した時、「オプション」ダイアログの表示は次のような感じになります。
画像

このオプションの「開始位置」、「大きさ」を指定することにより、正確な位置と大きさの選択範囲を設定することができます。
「楕円選択」でも同様の事が可能です。

ガイドを使った描画

  1. まずは、メニューの「表示(V)」−「ガイドを表示(G)」をクリックして、「ガイドを表示(G)」の左側に「v(チェックマーク)」を付けます。
    もしチェックマークがついてなければ再度メニューをクリックします。
  2. 次にメニューの「表示(V)」−「ガイドにスナップ(A)」をクリックして、「ガイドにスナップ(A)」の左側にも「v(チェックマーク)」を付けておきます。

  3. 新規にガイドを作成する時は、メニューの「画像(I)」−「ガイド(G)」−「新規ガイド(G)」をクリックします。
    すると次のようなダイアログが表示されます。
    画像

方向が「水平」の場合は水平方向のガイドが作成されます。
「位置」はキャンバスの上辺部を開始点「0(ゼロ)」とした時の位置です。

方向が「垂直」の場合は垂直方向のガイドが作成されます。
「位置」はキャンバスの左辺部を開始点「0(ゼロ)」とした時の位置です。

また、ルーラー(定規)からドラッグし始め、マウスをキャンバス内に持ってくると、自動的に水平方向、垂直方向のガイドが出てきます。
ガイド位置が正確である必要がなければこちらの方が簡単です。


上記の方法でキャンバス上に次のようなガイドを設定したとします。
画像

それらのガイドを使えば直線、矩形、楕円などが正確に描画できるようになります。
描画サンプルは次のようなものです。
画像

グリッドを使った描画

  1. まずは、メニューの「表示(V)」−「グリッドを表示(H)」をクリックして、「グリッドを表示(H)」の左側に「v(チェックマーク)」を付けます。
    もしチェックマークがついてなければ再度メニューをクリックします。
    次のようにキャンバス上にマス目(格子)が表示されます。
    画像
  2. 次にメニューの「表示(V)」−「グリッドにスナップ(P)」をクリックして、「グリッドにスナップ(P)」の左側にも「v(チェックマーク)」を付けておきます。

  3. グリッド(マス目)の設定を変更したい時は、メニューの「画像(I)」−「グリッドの設定(R)」をクリックします。
    すると次のようなダイアログが表示されます。
    画像

変更する項目は、「描画色」と「幅」、「高さ」ぐらいでしょう。


キャンバス上に表示したグリッドで直線、矩形、楕円などが正確に描画できるようになります。
描画サンプルは次のようなものです。
画像

Copyright (c) 2000-2011, all Rights Reserved atompro.net
update:2011/03/23