img  

WEB素材&デザイン

RDF RSS XML
 
NAVI: トップ > 無料でWEB素材を作成する(GIMP 2.6 基本編) > 単純な画像の切り取り、切り抜き(トリミング)

単純な画像の切り取り、切り抜き(トリミング)

画像 フリーソフトのGIMP 2.6を使った素材の作成方法を解説します。
GIMP以外の画像ソフトでも、これらのテクニックを利用できる場合があります。
GIMPのコンテンツが増えてきたので、基本編と応用編、素材作成編に分けることにしました。

「切り抜き」ツールを使う方法

画像の必要な部分だけを切り取り、不要な部分を切り落とす作業をトリミングと言います。
GIMPの日本語版では「切り抜き」と呼ぶようです。

この作業を行う上で最も簡単な方法は「切り抜き」ツールを使う方法です。

※下記のサンプル画像は「単純な画像の選択と移動」で作成した画像を使っています。


まずツールボックス内の「切り抜き」ツールをクリックします。
画像

「矩形選択」と同じ方法で切り抜きたい範囲を選択します。
決定するまでは拡大縮小、選択範囲の移動、ができます。
画像

選択範囲内をクリックすれば選択範囲での切り抜き(トリミング)が実行されます。
画像

この方法は簡単な一方で、矩形範囲しか選択できません。
その代り、複数のレイヤーがあっても一度に切り抜くことができます。
ただし、自由な形、楕円形などの範囲選択はできません。

「選択」ツールを使う方法

こちらの方法は、少しステップ数が増えますが、「選択」ツールで選択できる範囲ならどんな形でも切り抜くことができます。


  1. まず切り抜きたい部分を選択範囲などを使い、選択します。
    画像
  2. 「編集(E)」−「可視部分をコピー(V)」をクリックします。
  3. 「レイヤー(L)」−「レイヤーを追加(N)...」をクリックし、新しい透明レイヤーを作成します。
  4. 「編集(E)」−「貼り付け(P)」をクリックします。
    この時、張り付けた画像は一時的にフローティング状態となります。
    画像
    このレイヤを固定する作業が次の「レイヤーを固定(A)」です。
  5. 「レイヤー(L)」−「レイヤーを固定(A)」をクリックします。
  6. 「画像(I)」−「画像の自動切抜き(A)」をクリックします。
  7. 最後に出来上がったレイヤー以外を非表示にします。

上記の方法で出来上がった画像は次のようなものです。
画像

Copyright (c) 2000-2011, all Rights Reserved atompro.net
update:2011/03/23