img  

WEB素材&デザイン

RDF RSS XML
 
NAVI: トップ > 無料でWEB素材を作成する(GIMP 2.6 基本編) > 単純な画像に影(ドロップシャドウ)をつける

単純な画像に影(ドロップシャドウ)をつける

画像 フリーソフトのGIMP 2.6を使った素材の作成方法を解説します。
GIMP以外の画像ソフトでも、これらのテクニックを利用できる場合があります。
GIMPのコンテンツが増えてきたので、基本編と応用編、素材作成編に分けることにしました。

図形のドロップシャドウを自分で作る

図形に影(ドロップシャドウ)をつける時は、まずその画像や図形を選択します。

次のような図形でオレンジの正円に影をつける(ドロップシャドウ)場合は、これまでの方法で、まず正円を選択します。
※この画像は「単純な画像の選択と移動」で作成した画像を使っています。
画像

次に新しいレイヤーを追加し、そのレイヤーを正円の下に移動しておきます。
画像

メニューの「選択(S)」−「境界をぼかす(T)...」をクリックすると次のようなダイアログが表示されます。
画像

今回は練習なので、「拡大量」を「20ピクセル」にして「OK」ボタンをクリックします。
画面上は何も変わらないように見えます。

そのままメニューの「編集(E)」−「描画色で塗りつぶす(F)」をクリックしますと次のように正円の周りにぼかしが入ります。
画像

次にツールボックスの「移動」ツールをクリックし、オプションダイアログの「機能の切り替え」−「アクティブなレイヤーを移動」を選択しておきます。
画像
画像

そしてそのまま画像を右下にドラッグすると次のように図形に影が付いたように見えます。
画像

プラグインを使って影(ドロップシャドウ)をつける

プラグインを使うと面倒な作業なしで、ほとんど自動で、画像に影(ドロップシャドウ)をつけることができます。

まずレイヤーダイアログで、影をつけたい画像や図形のレイヤーをクリックし、選択しておきます。

そしてメニューの「フィルタ(R)」−「照明と投影(L)」−「ドロップシャドウ(D)...」をクリックしますと次のようなダイアログが表示されます。
画像

今回は練習なので、そのまま「OK(O)」ボタンをクリックしてみますと、勝手に画像の影(ドロップシャドウ)ができます。
画像

レイヤーも次のように自動的に正円の下側に追加されています。
画像

Copyright (c) 2000-2011, all Rights Reserved atompro.net
update:2011/03/23