img  

WEB素材&デザイン

RDF RSS XML
 
NAVI: トップ > 無料でWEB素材を作成する(GIMP 2.6 基本編) > 画像の結合、レイヤーの結合

画像の結合、レイヤーの結合

画像 フリーソフトのGIMP 2.6を使った素材の作成方法を解説します。
GIMP以外の画像ソフトでも、これらのテクニックを利用できる場合があります。
GIMPのコンテンツが増えてきたので、基本編と応用編、素材作成編に分けることにしました。

「可視レイヤーの統合(L)」を使う方法

画像やレイヤーを統合する方法はいくつかあります。
まず、「可視レイヤーの統合(L)」を使う方法を説明します。

使用する画像サンプルは「単純な画像の選択と移動」で作成した画像です。
画像

メニューの「画像(I)」―「可視レイヤーの統合(L)」をクリックしますと次のようなダイアログが表示されます。
画像

詳しい説明は省略して、「統合(M)」をクリックします。
すると、非可視レイヤーはそのまま残り、可視化されたレイヤーだけが一つのレイヤーになります。
画像

「画像の統合(F)」を使う方法

同じ画像を使って今度は「画像の統合(F)」を使ってみます。

メニューの「画像(I)」―「画像の統合(F)」をクリックしますと、非可視レイヤーは削除され、可視化されてるすべてのレイヤーが一つのレイヤーになります。
画像

「可視部分をコピー(V)」を使う方法

この方法はレイヤー構造を残したまま新たなレイヤーに結合結果を作成する方法です。

まず、メニューの「選択(S)」―「すべて選択(A)」をクリックします。
キーボードの「Ctrl」+「A」でも選択は可能です。

その後メニューの「編集(E)」―「可視部分をコピー(V)」をクリック後、「編集(E)」―「貼り付け(P)」をクリックします。
※「貼り付け(P)」はキーボードの「Ctrl」+「V」でも可能です。

すると新しくフローティングレイヤーが追加されます。
画像

そのレイヤーを右クリックし、「レイヤーを追加(N)...」をクリックします。
すると通常レイヤーとして貼り付きます。
画像
Copyright (c) 2000-2011, all Rights Reserved atompro.net
update:2011/03/23