img  

WEB素材&デザイン

RDF RSS XML
 
NAVI: トップ > 無料でWEB素材を作成する(GIMP 2.6 素材作成編) > 縁取り文字の作成(アウトライン、袋文字)

縁取り文字の作成(アウトライン、袋文字)

画像 フリーソフトのGIMP 2.6を使った素材の作成方法を解説します。
GIMP以外の画像ソフトでも、これらのテクニックを利用できる場合があります。
GIMPのコンテンツが増えてきたので、基本編と応用編、素材作成編に分けることにしました。
※応用編以降のGIMP画面はテーマを「H2O-Ruby」に変更しています。

「パスの境界線を描画(K)...」を使った方法

文字に対し、アウトラインを描画するにはいくつかの方法がありますが、今回は出来上がりがきれいな「パスの境界線を描画(K)...」を使う方法を説明します。
※テキスト文字の基本的な使い方は「テキスト文字の取り扱い」で解説しています。

まず、「テキスト」ツールを使い、画像ウィンドウに任意のテキスト文字を作成しておきます。
画像

次に、レイヤーダイアログその文字レイヤーを右クリックして、「テキストをパスに(P)」をクリック、そのまま、新規の透明レイヤーを文字レイヤーの上にひとつ作成します。

続いて、ツールボックスの描画色をクリックし、水色(「#0099ff」)に変更します。
※今回の境界線は解りやすく水色を使ってみます。
画像

そして、パスダイアログに切替えて、先ほどのテキスト文字のパスを右クリックし、「パスの境界線を描画(K)...」をクリックすると次のような、ダイアログが表示されます。
画像

このダイアログでは、線の幅を「2」pxに変更後、「ストローク(S)」をクリックしますと、次のようにテキスト文字の輪郭線(アウトライン)が描画されます。
画像

ただ、この方法には注意があって、輪郭線を太くしたい場合は次のように文字がつぶれてしまいます。
その場合は、次の「境界線の範囲選択を使った方法」を使います。
画像

境界線の範囲選択を使った方法

こちらの方法は輪郭線を太くしたい場合に使用する方法です。

まず上記同様、テキスト文字を作成しておきます。
画像

次に、レイヤーダイアログその文字レイヤーを右クリックして、「テキストを選択範囲に(T)」をクリック、そのまま、新規の透明レイヤーを文字レイヤーの下にひとつ作成します。

そして、メニューの「選択(S)」―「選択範囲を拡大(G)...」をクリックすると次のような画面が表示されます。
画像

今回は「選択範囲の拡大量」を「4」pxに変更し、「OK(O)」をクリックしますと次のように選択領域が広がります。
画像

そしてメニューの「編集(E)」―「描画色で塗りつぶす(F)」をクリックしますと次のようにテキスト文字の輪郭線(アウトライン)が出来上がります。。
画像

Copyright (c) 2000-2011, all Rights Reserved atompro.net
update:2011/03/23