img  

WEB素材&デザイン

RDF RSS XML
 
NAVI: トップ > 無料でWEB素材を作成する(GIMP 2.6 素材作成編) > 単純な影付きボタンの作成(ドロップシャドウ)

単純な影付きボタンの作成(ドロップシャドウ)

画像 フリーソフトのGIMP 2.6を使った素材の作成方法を解説します。
GIMP以外の画像ソフトでも、これらのテクニックを利用できる場合があります。
GIMPのコンテンツが増えてきたので、基本編と応用編、素材作成編に分けることにしました。
※応用編以降のGIMP画面はテーマを「H2O-Ruby」に変更しています。

ボタン素材の作成

「単純な影付きボタン」も、できるだけ少ない手順で作成したいと思います。
今回も単色(モノクロ)で作成します。
手法は「グラデーションボタン」と同様の手法を使います。

最初に、新規画像を幅「400」、高さ「300」ぐらいで作成し、その画像に透明な新規レイヤーをひとつ作成しておきます。
そして「矩形選択」を使い、幅「120」、高さ「32」ぐらいの長方形を範囲選択します。
この時、正確な大きさを指定したい時は、適当な大きさを範囲選択した後、「オプション」ダイアログで大きさを入力すれば思った通りの大きさになります。
画像

そしてメニューの「編集(E)」―「描画色で塗りつぶす(F)」をクリックしますと、画像は次のようになります。
画像

次にメニューの「フィルタ(R)」−「照明と投影(L)」−「ドロップシャドウ(D)...」をクリックしますと次のようなダイアログが表示されます。
画像

そのまま「OK(O)」ボタンをクリックしてみますと、勝手に画像の影(ドロップシャドウ)ができます。
※「ドロップシャドウ」の作成方法は「画像や写真に影(ドロップシャドウ)を付ける」でも解説しています。
画像

影付きボタンに着色

今回の着色サンプルを作る為、複数のボタンを一度に作りましょう。
ただし今回は影(ドロップシャドウ)には着色しない方法です。
「影付きボタン」の場合、一度に作る方法はこれまでとは違う方法を使います。

まず、上記と同じ方法で、ひとつだけの塗りつぶしボックスを作ります。
この時、「ガイド」などを使えば、この後作るボタンがきれいに揃います。
画像

そして、ツールボックスの「移動」ツールをクリック後、オプションダイアログで「移動対象」を「選択範囲」に切替えて、画像ウィンドウの選択範囲内をクリックします。
画像

その後にマウスで選択範囲を移動し、2つ目、3つ目と塗り潰していきます。
この時、キーボードの「↑↓←→」キー、または「Shift」キーを押したままの「↑↓←→」キーを使えば、マウスより微調整がやりやすいでしょう。
そして次のようにいくつもの塗りつぶしボックスを作っておきます。
画像

次にレイヤーダイアログでその画像のレイヤーを右クリックし、「不透明部分を選択範囲に(P)」をクリック後、メニューの「フィルタ(R)」−「照明と投影(L)」−「ドロップシャドウ(D)...」を使い、すべてのドロップシャドウを一度に作ります。
画像

さて、ここからが本格的な着色です。

まず、レイヤーダイアログで元のレイヤーをクリックしてアクティブにしたら、「透明保護」にチェックを付けておきます。
これは不必要な部分が着色されないようにする為です。
画像

次に着色したい範囲を「矩形選択」ツールなどを使い、次のように範囲選択します。
画像

そして、メニューの「色(C)」―「着色(Z)...」をクリックしますと次のようなダイアログが表示されます。
画像

「プレビュー」にチェックが入った状態で、3つのスライダを自由に動かせば浮き出しボタンが様々な色に変化することが解ります。
まず最初に「輝度(L)」を「50」ぐらいにして始めるといいでしょう。
好みの色が決まったら「OK(O)」ボタンを押して決定です。

それぞれのボタンを着色したら、次のような画像の出来上がりです。
画像

影付きボタンに文字入れ

影付きボタンの文字入れも今までと同じです。
今回の画像も文字色は白(「#FFFFFF」)がいいと思いますので、ツールボックスの描画色設定の右上にある矢印をクリックし、描画色と背景色を入換えます。
画像

その後「テキスト」ツールをクリックし、
画像

次の画像のように、そのまま画像ウィンドウのマウスの「+」が文字の左上隅になるように指定します。
後で移動もできますので怖がらず指定してください。
画像

画像ウィンドウをクリックしますと、次のような「GIMPテキストエディタ」が表示されますので、この中に文字を入力していきます。
※このエディタはファイルから読み込むこともできます。
画像

また埋め込まれる文字は次のような、「オプション」ダイアログで変更ができます。
画像

出来上がった画像は次のような感じです。
画像

影付きボタンの切り出し(切り取り)

上記のようにして出来上がった画像の一部を切り出す(切り取る)簡単な方法も説明しておきます。

まず、レイヤーダイアログで「ボタン枠」のレイヤーをクリックしておき、
次に、「矩形選択」ツールなどを使い、切り出したい(切り取りたい)ボタンを大まかに範囲選択します。
他の画像と重ならないように範囲選択してください。
画像

そしてそのまま、メニューの「画像(I)」―「選択範囲で切り抜き(C)」をクリック後、続けて「画像(I)」―「画像の自動切抜き(A)」をクリックすると次のように一部のボタンだけが切り出され(切り取られ)ます。
画像

Copyright (c) 2000-2011, all Rights Reserved atompro.net
update:2011/04/05